スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

灼熱の火山遺跡(とんでもクエストの嵐)

さて、いよいよ火山ID(インスタンス・ダンジョン)へやってきました。


火山5
火山付近も、暗闇に包まれ、心臓がどっきんどっきんするのを、抑えることができません。


火山1
ダンジョン内は、マグマと、暗闇の世界。それでも、ここでは倒した敵が、復活することがないので、一人ずつ、丁寧に倒していくと、比較的簡単に足を進めていけます。


火山4
で、必殺のカニ歩きと、魔法のムチャ連打で、なんとか、ゴーレムを倒し、やったークエストくりあああと、叫んだ夢ちゃん。

・・・

そ、そこに、

なんとも、むちゃくちゃなクエストの追加が下されますっ。

炎の証を5つもってきて~ぇって、それって、あと5回ゴーレム倒しておいでってことじゃん。

もう、まったくやる気なくなった夢ちゃん。ダンジョン入口に次々とやってくる上級者を横目で眺め、うん。これっきゃないっと、必殺チャットコマンドで、誰かあ~お時間のあるかた、夢ちゃんをお助け下さい~っと、片っ端から声をかけまくります。

・・・っと、

神が訪れました。


火山3
紛れもない神。レベル40のウイッチさん。ギルド名が、○○喫茶という怪しげなわりに、ダンジョンの入り方から、とっても、丁寧に優しく教えてくださいました。ホント有難うございました。

・・・

そして、いよいよ、ダンジョン再突入。レベル40の実力をしっかり見ておこうと思ったのですが・・・

ど、どうして、そんなに足が速いの~???

まずは、そのスピードについていけません。そして、魔法を詠唱するや、吐き出される灼熱の光。スケルトン兵など5,6体が一瞬に瞬殺されてしまいます。

夢ちゃんはといえば、ようやく追いついても、エローラをウイッチさんに合わせるのが精一杯。(たぶん、それもむしろ邪魔?)

最終、ゴーレムにたどり着いたときには、すでに死体の山山山。

もう、レベルが違いすぎて、戦い方の参考にするどころの、お話しではありませんでした。あは。

で、

むちゃくちゃクエストを、インチキクリアした夢ちゃん。ふーっ。ようやく、ハカナス城へ帰れるよ~。うれちーっ(涙)



ブログランキングに登録してます。まあ、もちっと付き合ってやるかという、寛大な心をお持ちの方、ポチッとワンクリックお願いします。
スポンサーサイト

コメント

  • 2015/11/17 (Tue)
    16:49
    No title

    このテのゲームは全般的に「とても時間のある方」も楽しめるように作られておりますので、全てをこなそうとするよりもご自分にあったペースでプレイするのが楽しむコツだと思います。

    ひとりでは無理だなと思われるようなコンテンツも複数人でやれば案外簡単だったり楽しかったりするので、どこかのギルドに入るのもまたひとつの遊び方ですよー。

    では良きイカロスライフを~

    怪しい喫茶店の店員 #- | URL | 編集
  • 2015/11/18 (Wed)
    08:12
    コメント有難うございます。

    >怪しい喫茶店は、やっぱノ○○○喫茶でしょうか。名称とは裏腹に、こうした優しいコメントをいただき、やっぱ人は外見ではわかんないよねーっと、再発見させていただきました。

    やっぱ、どっかのギルドに入るほうがいいのかも、と、今真剣に考えております。(チャットも楽しそうだしー)

    でも、ID探索とか、きっと時間帯合わないんだろうなあとも、思います。なにせ、お昼にINしてる人って、極端に少ないようなので。

    とりあえず、孤独なイカロスライフをしばし続けることになりそうです。

    夢トンボ #- | URL | 編集
  • 2015/11/18 (Wed)
    09:31
    思い出しますw

    上級者の方と一緒にIDに行くと驚かされますよね・・・@@私も初めて上級者の方と一緒にIDに行ったときはあまりの速さについていくのが精いっぱいでしたw

    九十九兎 #- | URL | 編集
  • 2015/11/19 (Thu)
    08:14
    コメント有難うございます。

    そうですよねー。もう、次元が違いすぎて、アッケにとられてしまいます。

    灼熱魔法なんて、近づいたら、私が死んじゃいそー、でした。

    それにしても、九十九兎さんのギルドは楽しそうですねー。はやくそっちの世界をのぞき見したいです。

    夢トンボ #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。